禁煙が生え際ハゲに有効

たばこを止めるのはm字ハゲ対策に繋がります

現在、たばこ愛煙家には住みにくい社会となりました。

たばこは肺がんをはじめ脳や心臓の血管障害へのリスクがぐっと上がると言われていることから
受動喫煙の問題もあって、喫煙者はその名のごとく煙たがれる社会となったのです。

喫煙は実はm字ハゲにも影響していることをご存知でしたか?

m字ハゲの原因は男性ホルモンと言われています。
脱毛ホルモンとも言われるDHTが過剰発生し、ヘアサイクルを乱すことで薄毛が進行していくのです。そのため、このDHTを抑制することがm字ハゲの進行をストップできると言われています。

しかし、原因はそれだけではありません。
喫煙によって血行が悪くなることもm字ハゲの原因とされています。
つまり血流が悪くなると、そうでなくても血流が悪くなりがちな額の部分に充分な血液が届かなくなります。すると発毛に必要な栄養素が行き渡らなくなり、薄毛が進行するというのです。

そこで、禁煙することで血流が良くなり、額の部分にも栄養素がきちんと行き届くようになり、m字ハゲを解消できるというのです。しかし、禁煙した人が全てハゲを治すことに成功するわけではありません。前述のようにDHTの影響が大きいのはもちろんですが、禁煙によってストレスがたまることが大問題なのです。

ストレスも発毛に非常に影響します。
禁煙したことでストレスが増大し、それによって抜け毛が進行する可能性もあるのです。

禁煙はm字ハゲに悪影響

喫煙もストレスもどちらもハゲを助長する要因です。
どちらもなくすことがベストですが、ヘビースモーカーの方などは禁煙が難しいかもしれません。

禁煙外来などもあるので、そちらでストレスなく禁煙するのがベストですが、それも無理ならm字ハゲは諦めるほかないかもしれません。

ただ、ストレスをためこまない、ヘルシーな食生活、質の良い睡眠、適度な運動など、健康的な生活を送ることを心がけることで、m字ハゲの進行を多少は遅らせることは可能かもしれません。

m字ハゲ育毛剤のトップへ