ハゲと遺伝との関係

父方それとも母方が影響?

禿げと遺伝の関係は、昔から言われ続けています。

両親

その証拠に親子そっくりな禿げ方をした方も多いようです。

あなたの父親や祖父は、同じように禿げていませんでしたか?
もし、禿げているのなら遺伝の可能性は否定できません!

しかし、その後の研究により、禿げの原因遺伝子は、母親のX染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子が強く影響されることが分かりました。

このことで、それまで父親や祖父からの遺伝よりは、母親からの遺伝の方が強いと言われ始めました。つまり、自分の父親や祖父よりも母方の祖父が禿げていれば、自分も影響を受けやすくなると言うことです。

DNA配列

しかし、これも2008年新たな研究によって直接的な原因ではないことが分かりました。それは、男性ホルモンとは無関係と思わるDNAの変異によって、通常の7倍も禿げやすくなると言うことでした。

このことで、一旦は母方からの遺伝が原因であると言われましたが、そうではないことが分かりました。DNA変異がどのようなプロセスによって行われるのかは不明ですが、将来この謎が解ければ、画期的な遺伝治療への道が開けてくると思います。

m字禿げには、遺伝以外にも様々な原因がありますが、ストレス社会になった日本においては、遺伝よりもむしろ生活環境の方が影響が強いのかもしれません!

しかし、父親や祖母あるいは母方の祖母のなかでm字禿げの症状が出ている場合、何かしらの予防を準備しておいた方が良いでしょう!私の周りにも、父親が重度のm字禿げを発症していたにも関わらず、若いうちから育毛剤を使い続けたのが功を奏したのか、50代となった今でも発症していません。

このような例もありますから遺伝だからといって、最初から諦めることはないのです!

m字ハゲ育毛剤のトップへ