原因ってあるの?遺伝かも?そう思ったら育毛剤

男性ホルモンとの結合がハゲの原因

M字型ハゲとは、AGA(男性型脱毛症)のひとつですが男性特有の症状です。
男性だけではなく、女性も男性同様に加齢とともにAGAを発症される方がいます。

しかし、同じAGAでも男性と女性ではハゲる場所が異なります。
男性では、生え際や頭頂部の2つが薄くなることが多いのですが、女性の場合は頭頂部だけなのです。

つまり、女性の場合、M字型ハゲにはなりにくいのです。
なぜ、このように男女間で症状が出る場所が異なるのかは、まだ解明されていません。
しかし、M字型AGAの原因は分かっています。

それは、男性ホルモン(テストステロン)が、生え際の毛乳頭内にあるU型5α-リダクターゼという悪玉還元酵素と結合することによって、5α-DHTとなり、これが元気に生えている毛を弱体化させてしまうのです。

これにより、成長段階である生え際の毛は途中で成長を止めてしまいます。
さらに、脱毛遺伝子であるFGF-5によって、脱毛を促進しM字型ハゲとなっていくのです。

有効な対抗策

M字型ハゲを防ぐには、様々な方法がありますが
なかでも、今注目されているのが男性ホルモンと悪玉還元酵素の結合を阻害することです。

男性ホルモンの働きを抑える働きがある成分を頭皮に直接塗ることによって
これらの働きを弱くすることができます。

男性ホルモンを弱体化させるものとして、女性ホルモンがありますが
それを直接体内に入れるのは、とても危険です。

そこで、女性ホルモンと同じ働きをする成分が研究されています。
その一つが、ヒオウギエキスという植物の根から抽出されるエキスです!

最近では、これらを含んだ育毛剤が多く登場しています。

m字ハゲ育毛剤のトップへ