最適な髪型で薄毛を隠そう!

長さや分け目で隠せば大丈夫!

頭頂部が薄くなってくるとハゲを隠そうとして
その他の部分から髪を持ってくる方が多いようです。

その結果、まさにバーコードのような髪型になってしまい余計にカッコ悪いヘアースタイルになります。
いっそのこと、短髪にして堂々を振る舞う方が男らし一面もあります。

このように頭頂部の場合は、隠すよりも逆に隠さないといった方法が
周りに好印象を与えることが多いのです。

一方、M字型のハゲの場合はコレとは逆です。
隠してしまった方が、周りからの評価が高いようです!

頭頂部のハゲに比べ、M字の場合は隠れやすいといったことがいえます。
ただし、隠すには前髪を伸ばしておくことが大切ですが、長すぎると不自然となります。

そして、分け目にも注意する必要があります。
分け目がM字部分と重なってしまうと、逆効果となってしまいます。

センターよりも少しズラす場所から分ける感じです。

さらに、全体の髪の長さを8〜10センチくらいにし、分けないヘアースタイルもオススメです。
この程度の長さであれば、頭頂部から前髪にかけて前方向に流すことでM字部分を隠すことが可能です。

それ以外にも、軽くパーマをかけてボリュームを増やすことも有効な手段です。
あとは、その髪型が似合っているかどうかが問題です。

M字部分を隠すあまり、不自然な髪型になっては意味がありません。
全体的なバランスを判断して、自分にとって似合う髪型を心がけるようにしましょう!

m字ハゲ育毛剤のトップへ