m字禿げとは?

名前の由来

二十歳を過ぎてくると早い人では、薄毛になってしまう方がいます。
これまでフサフサで髪の量が多かったにもかかわらず、それは突然おこってくるのです。

いわゆる、これが男性型脱毛症といわれています。
抜け毛からはじまり次第に特定の部分が薄くなっていく症状で放置すると進行していきます。

日本だけでなく40代男性の30%が、この症状があらわれています。

脱毛するパターンは、いくつかありますが大きく分けると
生え際から薄くなるパターンと頭頂部から薄くなるパターンに分けることができます。

一般的にM字禿げと言われるのは、前者の生え際から薄くなるパターンをいいます。
生え際といっても、ソリコミをいれたように生え際の角にあたる部分から徐々に薄くなっていきます。

進行すると前髪部分だけが残ってしまい両サイドが頭頂部に向かって薄くなります。
この時、ローマ字の”M”のようになることからこのような脱毛を「M字禿げ」と呼ぶようなったようです。

m字ハゲ育毛剤のトップへ

改善する見込みはあるのか?

一般的にM字禿げの場合は、頭頂部ハゲよりも改善しにくいといわれています。

同じハゲなのに、どうして場所によって差があるのかと思うかもしれませんが、実は生え際部分の毛は
頭頂部の毛よりも毛周期が長く、それに加え脂質も多いのが原因ではと思われています。

プランテルの購入へ

しかし、まったく改善しないわけではなく、成功例もたくさんあります。

これまでは、M字に特化した育毛剤などはありませんでしたが
最近では日本でも専用の育毛剤が登場しています。

時間は、先ほどの理由から分かるように掛かりますが
根気づよくケアしていけば、決して治らないわけではありません。

m字禿げのトップへ