禿げ飲む治療薬「プロペシア」

飲む育毛剤「プロペシア」

プロペシア錠といえば、育毛外来で処方される治療薬で有名です。
正式名はフィナステリドで、プロペシアは薬の商品名です。

入手は、コチラのクリニックが便利です↓

銀リクへ


もともとは、男性特有の疾病である前立腺肥大の治療に使われていました。

プロペシア参考画像

そのうち、臨床試験の過程で男性型脱毛症(AGA)にも効果があることが発見され、育毛剤としての研究も開始されました。

ただ、AGA治療の場合、フィナステリドの含有量は前立腺肥大治療薬の1/5とされています。

それまで育毛と言えば外から直接薄毛となっている部分に塗るものしかありませんでしたが、このプロペシア錠は内服するタイプで、これまでにない画期的な育毛剤です。

これを飲むと、細胞内にテストステロンが入ってきたもU型の5α-リダクターゼの作用を受けにくく
脱毛の直接的な原因物質となっているジヒロドテストステロンの生成を抑えることができます。

その結果、1日1錠の服用を1年間続けて飲み続けた場合54〜58%の方に改善が見られています。しかし、明らかに効果を実感するまでは、半年から1年程度掛かるデータがでています。

さらに、2年間投与を続けた場合には68%、3年間だと78%もの方が改善されたといったデータがあります。ただし、8割の方が元の若かった時の状態に戻ったのではありません。

発毛数は、1年目の方が多く2年目、3年目と進むにつれ徐々に減少していきますが
見た目の髪の量は、これとは逆に徐々に増えていく傾向にあります。

ちなみに、日本では2005年から使われ始めています。

国内では、フィナステリドの含有量が1グラムのものと
欧米にはない0.2グラム錠の2つのタイプが発売されています。

欧米の場合、0.2グラムタイプのものと1グラムタイプのものとでは効果に差があったようですが
日本人の場合、あまり差が認められなかったことから欧米にはない0.2グラムタイプも発売されたという経緯があります。

なお、プロペシア錠は医薬品なので入手するには、専門の医療機関を受診する必要があります。
ただし、健康保険の適用にはなっていないので診察代と薬剤費は、全額自費となります。

プロペシアの副作用

プロペシアは、処方箋が必要な医薬品です。
そのため、副作用も気になる方も多いのではないでしょうか?

医薬品なので臨床試験も行われており、そのなかには副作用に関してのデータもあります。
しかし、臨床試験での副作用には重いものは見当たりませんでした。

薬を飲んだことで関連した副作用としては、男性機能の低下です。
それも、ごく少数の方からの訴えでした。

プロペシア錠は、男性ホルモンを抑える効果があるだけに心配される方も多いようです!

しかし、いずれも自覚症状で日常生活に障害を及ぼすようなものではありませんし
この薬自体に性欲に関連するテストステロンを減らす効果はありません。

よって、男性機能に支障をきたす心配もありません。

その他にもごく少数の方に肝機能の悪化や胃の不快感を訴えた方がいますが
こちらも症状としては軽いものでした。

国内海外問わず、臨床試験では深刻な副作用は報告されていないのが実情です。
ただし、用法容量は医師の指示通り服用することが重要です。

効果を早めようと乱用した場合は、この限りではありませんので、ご注意ください!!

プロペシアだけでいいのか?

プロペシアを服用した方の6割〜8割近くの方が改善されたといいました。
しかし、その逆の4割から2割の方は効果を感じていなかったもしくは、脱毛が進行した方がいます。

つまり、効果が高いといわれるプロペシアさえ万全ではないのです。

たしかに、これまでにない改善データはありますが、やはりプロペシアだけでは不十分な気がします。
さらに発毛を強化するためには、従来通りの外からの治療も併せて行っていく方が効率よく発毛できるハズです。

最近発売されている育毛剤の中には、プロペシアと同じように
ジヒロドテストステロンの生成をブロックする成分が配合されたものがあります。

それに加え、効率よく発毛するための成分も同時に含まれています。
こういった両方のアプローチを行うことが、最速で改善するには必要だと思います。

m字ハゲ育毛剤のトップへ